06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

The Atragene World

Atrageneや,viornaグループの種子の発根発芽育苗方法や挿し木や接木などの栄養繁殖法についてレポートします。また、山野草、クリスマスローズ等についても紹介します。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

育苗中のAtrageneの実生苗 

atragene seedlings2509200902

東京も今日この頃は、朝方等、大分涼しくなってきました。
8/25より短日処理をしているポインセチアの苞が少し色付いてきました。

さて、画像は南向きの2Fバルコニーで育苗中のAtrageneの実生苗たちのポットの1部です。
葉の部分が枯れて、一時的な休眠に入っているものが多いです。
以前は地下の根の部分は大丈夫なのだろうかと心配したりしましたが、この頃は、枯れこんだポットの実生苗の芽の部分をルーペで見るだけで根の状態が判別できますので、余り心配しなくなりました。

atragene seedlings2509200903

画像は実生苗群の一部を拡大したものです。
中央付近の一番大きな実生苗はC. macropetala 'White Lady'の自然交配した種子よりのものです。
こちらは、昨年、イギリスの知人より種子交換で入手した種子より育苗したものです。
画像中、用土が新しいポットが8ポットありますが、こちらは用土の表面にコケなどが生えておりました(右下の2ポットの様に)ので、地下部の確認もかねて植え替えをしました。やはり、良い根が伸びていましたよ。

atragene seedlings2509200904

これらは、富士山原産の矮小八重ミヤマハンショウヅルNo.1の自家受粉の実生苗の一部です。
この種はほとんどの苗が葉を落としています。
こちらは葉の残っている群です。
これらは先々週に植え替えをしましたが、やはり根はしっかり伸びていました。

高温多湿の条件下でのAtrageneの実生の育苗、結構大変ですが何とか頑張っています。
これらの中より春に開花するものが何株か出て欲しいものです。

にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へにほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
ランキングに参加しています

blogram投票ボタン
ランキングに参加しています


ランキングに参加しています
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://atragenetake11.blog71.fc2.com/tb.php/998-bde7bea2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。