05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

The Atragene World

Atrageneや,viornaグループの種子の発根発芽育苗方法や挿し木や接木などの栄養繁殖法についてレポートします。また、山野草、クリスマスローズ等についても紹介します。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

コミヤマハンショウヅルの果球と種子 

OP seed head of fauriei0409200901

画像は種子が褐変したので本日採取したコミヤマハンショウヅルの自然交配の果球(Open pollinated seed head)

この果球は今年、新潟の山草園より入手した株より採取したものであるが、入手したときにはすでに花が終わっており、花色、花形等の形質は不明。
恐らく、種内自然交配と思われるが、人工的に交配したものではないためOPとした。

Op seeds of fauriei 0409200902

こちらは今回、採取のコミヤマハンショウヅルのOP seeds,
20数粒ほどの発芽可能な有胚種子がある模様。
低温処理とジベレリン処理による発根・発芽の促進を図る予定。

faurieiBCS2606200901.jpg

こちらはEUにお住まいのMさんのご好意で入手したBCSよりのClematis faurieiの種子より育成中の実生苗。複葉の形態は一応、一回3出複葉であるが、真性のClematis faurieiであるかは不明。
早い時期の開花が待たれる。


にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へにほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
ランキングに参加しています

blogram投票ボタン
ランキングに参加しています


ランキングに参加しています。応援よろしくお願いいたします。
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://atragenetake11.blog71.fc2.com/tb.php/987-c9a04cff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。