09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

The Atragene World

Atrageneや,viornaグループの種子の発根発芽育苗方法や挿し木や接木などの栄養繁殖法についてレポートします。また、山野草、クリスマスローズ等についても紹介します。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

ノバラに芽接ぎして、活着し、蕾を付けたバラ達! 

台風9号接近の影響もあるのか朝から曇りがちの天候です。
さて、6月下旬にあきる野市にあるバラ園のO氏よりバラの切花を頂き、ノバラの台木にそれらの切花より採取した腋芽を芽接ぎしましたが、それらの大多数が活着し、花芽を付けて来ました。

oowadabaraorenge0908200902.jpg

こちらは最も早く開花したバラで、オレンジ赤が鮮やかです。
花のみを切り取り、グラスに挿しています。

oowadarosepink1008200902.jpg

こちらはピンク色のバラで、いただいたときは花弁も多く、ピンク色がもっと鮮やかで、花も大きかった様に思います。

oowadarosered1008200903.jpg

こちらは、鮮やかな赤色のバラで、頂いた切花はもっと大輪でした。
これらは、接木後の初花で、本来は木の為には、早期に蕾を切り取るべきものと思いますが、一応、花の色を確認後切り取りたいと思います。
これらの品種名、前にも記しましたが、頂いたときにお聞きしたのですが、メモをし忘れてしまい残念ながら不明です。
頂いた方にメールで画像をお送りし、確認する手もないわけではありませんが、来春にでもプリントアウトしたものを持参して確認して頂こうと思っています。
芽接ぎは、接木の接合部分が取れ易い欠点がありますが、比較的簡単に接木ができますので、お勧めです。
私もこれらの活着して成長した接ぎ穂より、新しい腋芽を採取して再度芽接ぎを試みようと思います。
気温などの条件にもよると思いますが、今の時期なら、芽接ぎ後約2週間で活着するようです。

pr1008200901.jpg

こちらは返り咲きしたピェール・ド・ロンサールです。
我が家に来て2年目ですが、丈夫で良く咲いてくれます。
このはな、2番花のためか花が小さめですが・・・・・。
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へにほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
ランキングに参加しています。応援よろしくお願いいたします。

blogram投票ボタン
ランキングに参加しています


ランキングに参加しています。応援よろしくお願いいたします。

関連記事
スポンサーサイト
薔薇  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://atragenetake11.blog71.fc2.com/tb.php/973-a9e91f4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。