09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

The Atragene World

Atrageneや,viornaグループの種子の発根発芽育苗方法や挿し木や接木などの栄養繁殖法についてレポートします。また、山野草、クリスマスローズ等についても紹介します。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

バラの芽接ぎ! 

ノバラの台木に芽接ぎしたものが活着しはじめ、早いものは蕾を付け始めました。

graftingminiturubergee3107200901.jpg

画像はベルギー大使館よりの淡桃色のミニのつるバラで、あきる野市のバラ園の方より頂いたものを再度、芽接ぎしたものです。
葉が食害されていますが、ゾウムシの仲間がむしゃむしゃ食べていました。
ニームをスプレーしたらたまらず逃げ出して行きました。

graftingpierron3107200902.jpg

こちらは我が家のつるバラピエール・ド・ロンサールを接いだものです。
可也、新芽が伸びていますね。

graftingugenuduborunea3107200903.jpg

こちらは7月09日に、ノバラにダマスクスの香りのあるチアィニーズ系オールド・ローズのウジェーヌ・ド・ボルネアの芽接ぎを行いましたが、芽が少し動き始めました。
接木が上手き行っているのでしょう。

関連記事はこちらです。

最初の接木は6月の中ごろに行いましたが、早いものは活着し蕾を付け始めています。

graftingorengerose3107200904.jpg

こちらは6月下旬に、あきる野市のバラ園の方に頂いたオレンジ色のバラの芽を接いだ接ぎ苗です。早いもので、もう蕾があがってきました。
頂いたときには名前を教えていただいたのですが、うっかりメモをし忘れてしまいました。
花が咲いたら確認していただこうと思います。
それにしても、バラの芽接ぎ上手く行ったようですね。

繁殖率の低いクレマチスに応用したいですね。


にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へにほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ

ランキングに参加しています。応援よろしくお願いいたします。

blogram投票ボタン

関連記事
スポンサーサイト
薔薇  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

この記事に対するコメント

はじめまして。参考になりました。

はじめまして。我が家の庭にも野バラが出ています。接ぎ木という方法もあるのですね。ロンサール、フランスの詩を思い出しました。

URL | ナナ #-

2009/07/31 21:25 * 編集 *

はじめまして ナナさん
腋芽を接ぐ芽接ぎは、通常の接木と比べ、簡単で、成功率も高いです。接合部分に治癒組織が出来たら、ノバラの方の芽をカットしますが、葉の付け根の休眠中の腋芽を使用しますので、芽の萎れの心配も余必要なく、手軽に行えます。ただし、接いだ部分がはがれ易いので、完全に接着するまで、テープなどで固定しておくことが必要です。
機会がありましたら試して見てください。

URL | Takechianman #iWfHidvU

2009/08/01 08:38 * 編集 *

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://atragenetake11.blog71.fc2.com/tb.php/963-cba98429
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。