09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

The Atragene World

Atrageneや,viornaグループの種子の発根発芽育苗方法や挿し木や接木などの栄養繁殖法についてレポートします。また、山野草、クリスマスローズ等についても紹介します。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

冬咲きクレマチスのウインターベルにテキセンシスの蔓を呼び接ぎしてみました! 

ただ今、梅雨の真っ盛りで、今日の東京の天候はぐずつき加減です。
さて、我が家では3年ほど前より、ドウダンツツジに絡ませるようにして、冬咲きクレマチスのアンスエンシス(ウインター・ベル)、ウインタービューティおよびフレックルスの3株を地植えにしています。

1昨日(6/30),テキセンシスの実生株Eの蔓の誘引をしていて力を入れ過ぎ、蔓の1本をを折ってしまいました。
そこで、チョット悪戯をしてみることにしました。

ウインターベルはつい最近、休眠から覚め、新芽が出てきたところですので、これに呼び接ぎをしてみることにしました。

どのような結果になるのか分かりませんが、いずれにせよ結果が楽しみです。

graftingtexensis0207200901.jpg

赤い矢印で示したものがテキセンシスの接ぎ穂です。

graftingtexensis0207200902.jpg

赤いまるで囲ったものが接ぎ穂の腋芽です。
まだ、接木して2日目ですが、蔓が萎れていないところ見ると、水分の供給は上手く行っているのかもしれません。

上手く治癒組織が形成され活着した場合、冬に地上部が枯れるテキセンシスはどうなるのでしょうか?
開花時期の異なるクレマチスの接木上手く行って欲しいです。

なお、呼び接ぎしたC.texensis Red or Pink seedling Eの関連記事はこちらです。

にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へにほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
ランキングに参加しています。応援よろしくお願いいたします。


関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

Takechianmanさん おはようございます
ご無沙汰しています~m(_ _)m
↑はフロリゲンの接木実験ですね♪^^
私もDoAにマクロペタラ実生を接いで行いましたが,冬でも台木も含めて蔓は枯れずに残るようです.
肝心の真夏でのマクロ実生の開花ですが・・・
DoAの勢いが強いらしく,春先に蔓を伸ばした後マクロ実生の蔓は動きを止めちゃいましたw
去年は9月頃マクロ実生が開花したのですが・・・アトラ系は返り咲きをするのでなんともです.
品種・系統の相性の良いペアを選べば開花時期の調整など色々と出来そうですね^^

話は変わってしまうのですが,今の時期TakechianmanさんのC. carrizoensisは成長していますか?
私のは最近蔓の動きが完全にストップしてしまいましたT_Tゞ
去年も夏頃から成長を止めたので株の性質なのか非常に気になる所です.
何分情報のない品種で一株しか育てていないので,手探り状態が続いています^^;A

URL | お茶 #h0D/NfaY

2009/07/03 07:07 * 編集 *

お茶さん
このC.texensis seedling Eはうどん粉病に対する抵抗性も備えているようで、大変丈夫で、成長もいいようです。接木の台木用に輸入したバイタルバ原種ですが、暑いのがいいのか、ここのところ、やっと調子が出てきたところです。しかし、台木用にどんどん使えるほど増えてはいません。そこで、丈夫な冬咲きのアンスエンシスに接いで見ました。
C.carrizoensis、テキセンシスに近縁の為か、どうもうどん粉病に対する抵抗性が低いようです。20倍希釈の木酢液で一応は、病気の進行は止まったようです。
ここのところ、また、新しい芽が伸びてきました。

URL | Takechianman #iWfHidvU

2009/07/03 08:16 * 編集 *

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://atragenetake11.blog71.fc2.com/tb.php/950-16243795
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。