04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

The Atragene World

Atrageneや,viornaグループの種子の発根発芽育苗方法や挿し木や接木などの栄養繁殖法についてレポートします。また、山野草、クリスマスローズ等についても紹介します。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

クリスマスローズ、sd YWGN-k2の子房が膨らみ中に種が出来き始めている模様 

sdywgn-k21504201405.jpg sdywgnk22402201406a.jpg

昨年、1番花の雌蕊退化現象の見られたsd gold (sd YWGN-k2)に自家受粉を試み、見事に惨敗したsd gold (sd YWGN-k2)でしたが、今年も1~3番花に雌蕊の退化現象が見られ1時は自家受粉種子採種の工程への暗雲が立ち込めたかのように思われました。しかし、4番花以降に雌蕊が確認でき、2月の下旬より積極的に自家受粉を試みました。すると、授粉した大多数の子房が膨らみ始めました。子房だけが膨らみ中は空っぽと言うのも結構ありますので、生育状態を注意深く観察して参りました。現在は朔果を指で触ると硬い球状のものが確認できました。何とか種子が朔果ののなかで育っているようです。
この株、多花性で株の分枝が良く、丈夫なのですが、雌蕊の退化現象が起こりやすく、稔性のある花粉が沢山得らても、自家受粉をする雌蕊が見当たらないのではお手上げですね。まだ、完熟の種子を獲たわけではありませんが、自家受粉は上手く行ったようです。何事も簡単に諦めずやり抜くことが大切ですね。
なお、昨年、このsd YWGN-k2にdd Noda goldを掛け合わせた交配の苗が僅かですが出来てきておりますので、今年は同じ交配はしていません。
恐らく、dd goldが分離してくるのではないかと思はれますが、どのようなddなのか興味深い物があります。


にほんブログ村 花ブログ クレマチス園芸へ


blogram投票ボタン

にほんブログ村 花ブログ クリスマスローズへ↑ランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト
Helleborus Gold SD  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://atragenetake11.blog71.fc2.com/tb.php/1631-61a595de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。