08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

The Atragene World

Atrageneや,viornaグループの種子の発根発芽育苗方法や挿し木や接木などの栄養繁殖法についてレポートします。また、山野草、クリスマスローズ等についても紹介します。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

アネモネ咲きのsd gold( sd YWGN-K2)の自家授粉上手く行ったみたいです。 

2/25に自家授粉したsd gold(sd YWGN-k2)の花の子房が黄色から黄緑色に変化してきました。

去年は、状態が悪かったのか、全敗でした。

今年は今のところ自家受粉が上手く行っている様です。

子房を親指と人差し指で挟んで触ると、内部に球状の物が有るようです。

この株は、極多花で丈夫なのと脇芽が分枝しやすく、大株に成り易い性質を備えている貴重な系統です。

ゴールドにおける雌蕊の退化現象や自家不和合性は結構頻繁にあるようですね。

一般的に、sd goldやdd goldは他のヘレボと比較して見ると性質がやや弱く、簡単には増えませんね。

私もこれまでに何株も枯らしています。暑さに強く、灰色カビ病に強い、ゴールド作りたいですね。

この株、開花時は花梗や子房やガク片もゴールド特有のゴールドなのですが、授粉し子房が膨らみ始めると、子房

の色がゴールドから黄緑、或いは、グリーンに変化してしまうようです。

良い系統のゴールドは授粉後も子房の色がゴールドとの事ですので、改良を要するところですね 。 

sdywgnk22703201404.jpg sdywgnk22703201401.jpg
sdywgnk22703201402.jpg sdywgnk22703201403.jpg

花は丸弁では有りませんが、一応、整形花でラージネクタリーです。

花径は6~7cmの花です。
               ↓     

sdywgnk200903201403.jpg


この株、多花性で早咲きで脇芽が出や易く大株に成り易い性質があるようです。
しかも、真菌性の病気に強いのか、大変丈夫で、病気に悩まされた経験がありません。
欠点は雌蕊が退化しまう花が若干あり、雌蕊が消失しまう花が少しあると言うこと、授粉に際しては、花粉の鮮度と雌蕊の熟度が重要らしいことなどから時期を逸すると自家受粉が成立しがたく、種子の採種が難いことでしょうか。
               ↓
ywgnk20903201401.jpg


にほんブログ村 花ブログ クレマチス園芸へ
blogram投票ボタン

にほんブログ村 花ブログ クリスマスローズへ↑ランキングに参加しています。

ヤフーオークションにsdゴールドやddゴールドとの交配実生苗を出品しています。興味のある方はご覧ください。
こちらです。
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://atragenetake11.blog71.fc2.com/tb.php/1622-214499e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。