07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

The Atragene World

Atrageneや,viornaグループの種子の発根発芽育苗方法や挿し木や接木などの栄養繁殖法についてレポートします。また、山野草、クリスマスローズ等についても紹介します。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

今年の春購入のクリスマスローズの原種の鉢増し 

昨日、今年の春に某オークションで落札した4号プラ鉢に植えられていたクリスマスローズの原種の一部をスリットの6号鉢に鉢増ししました。今回植え替えたのは、アブルジカス、トルクワトス、ムリチフィダス・イストリアカス、アトロルーベンスです。
庭にあるコブシの木の木陰で夏越を計ったのですが、アトロルベンスは蒸し暑さにやや弱いのか作落ちして花芽が付いていません。(葉芽は5~6芽付いていますが、・・・・・・)残りのものは丸々とした花芽が3芽以上あり、とりあえず栽培は上手く行ったようです。

purebreedsp1911201206.jpg
こちらは今回植え替えをしたものの植え替え後の画像です。


abruzzicus1911201201.jpg
こちらはアブルジカスです。

truquatos1911201201.jpg
こちらはトルクワトスです。

multifidusistoriacus1912201203.jpg
こちらはムルチフィダス・イストリアカスです。

atororubens1911201204a.jpg
こちらはアトロルーベンスです。早い時期に葉が痛んで脱落してしまいました。
やはり、原種は気難しいところがあるようです。







関連記事
スポンサーサイト
Helleborus 原種  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://atragenetake11.blog71.fc2.com/tb.php/1492-e67b88b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。