06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

The Atragene World

Atrageneや,viornaグループの種子の発根発芽育苗方法や挿し木や接木などの栄養繁殖法についてレポートします。また、山野草、クリスマスローズ等についても紹介します。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

発芽間もないクリスマスローズ、ゴールドのセミダブル x ゴールドダブルの子葉の先端部分が病気!Shoot tipを培養してみる! 

冷たい雨が続くと雨ざらしの状態で管理している早期発芽組の芽生え達、中には軟腐病や灰色カビ病に侵されてしまうものもある。下の画像は子葉の一部が黒変し、軟腐病にでも罹病し始めた様に思える。
幼苗を掘り起こした後、双眼実態顕微鏡で観察すると茎頂部分の組織は大丈夫のようだった。
そこでshoot tipの部分を大きく採取し、無菌的に培養することにした。実生ゆえ、幼苗の形質は不明だが、セミダブルかダブルに成るものと思われる。茎頂培養により増殖したら一部をフラスコより出して順化して、開花させて形質を確認すればよい。


cotyledonhsdxdd1211201201.jpg

こちらは培養中の組織切片。PPM(Plant Presavative Mixture)使用
      ↓

cotyledonhsdxdd1211201202.jpg

より鮮明な画像をご覧頂くには画像をダブルクリックして下さい。
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://atragenetake11.blog71.fc2.com/tb.php/1490-7f4bf6c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。