09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

The Atragene World

Atrageneや,viornaグループの種子の発根発芽育苗方法や挿し木や接木などの栄養繁殖法についてレポートします。また、山野草、クリスマスローズ等についても紹介します。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

Clematis texensis typeA の生長点培養 

こちらは、栄養繁殖の難しいClematis texensis TypeAの生長点をクリーンベンチと双眼実態顕微鏡を用いて0.2mm程の大きさに摘出して培養した物です。
この増殖体をメスで分割し植物生長長生物質の入った培地に継代し培養すると希望の数の増殖体が得られます。
苗を得るにはメスで刻んだ増殖体を生長調整物質を含まない培地に置床し、静置培養するとシュートが形成されてきます。
シュートが数センチ伸びたところで、シュートを1芽づつに切り分け発根させます。工程の詳細については、また、機会を見て紹介させていただきたいと思います。

texensistypea1407201201.jpg


texensistypea2806201204.jpg texensistypea2806201205.jpg

texensistypea0307201203.jpg
関連記事
スポンサーサイト
茎頂培養  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。