09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

The Atragene World

Atrageneや,viornaグループの種子の発根発芽育苗方法や挿し木や接木などの栄養繁殖法についてレポートします。また、山野草、クリスマスローズ等についても紹介します。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

オークションで入手のクリスマスローズ、hercegovinus 

今年、某オークションで落札したこのHelleborus multifidus subsp. hercegovinus,完全な銅葉ではありませんが、葉脈が暗赤紫色に着色しており、普通の緑色のとは異なる風格を持った個体です。
入手時はビニールポットに植えられており、徒長気味でしたが、植え替えて鉢増しし、カリ、燐酸分を多く含む肥料を与えて栽培したところ株が大分確りしてきました。
この種、暑さに弱いそうなので、スリットロングの7号鉢を用いて、内側はクリスマスローズノ栽培用用土、外側は蝦夷砂の大粒の2重構造にしています。何とか蒸し暑い東京の夏をやり過ごして欲しいものです。そして、願わくは、近年中に開花して欲しいものです。

hercegovinus3004201201.jpg

hercegovinus3004201202.jpg

関連記事
スポンサーサイト
Helleborus 原種  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://atragenetake11.blog71.fc2.com/tb.php/1424-4bc80314
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。