04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

The Atragene World

Atrageneや,viornaグループの種子の発根発芽育苗方法や挿し木や接木などの栄養繁殖法についてレポートします。また、山野草、クリスマスローズ等についても紹介します。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

クレマチス・カリゾエンシスの接木繁殖! 

毎年のことですが、私の庭では夏の暑さと、冬の霜柱による害で多くのアトラジェン系のクレマチスがお星様になっていますが、今年の被害は例年より甚大の様です。
さて、庭の実生群の整理をしていて、手ごろな大きさのボタンズルの挿し木苗を見つけましたので、Clematis carrizoensisの蔓を接木してみることにしました。
良い接木の台木が確保できれば、クレマチスの接木はバラの接木と同じ位簡単です。
台木には根の確りしたものを選びましょう。因みに、クレマチスの接木の台木としては、私の経験では、この他日本に自生しているセンニンソウも使えます。また、EU圏に自生しているバイタルバも使えますよ。

画像は4/28に接木したもので、先端の芽と第2節目の芽を接木しています。挿し穂と台木の形成層を密着させ、萎れないようにZIP袋などで保湿しておけば、今の時期なら1~2週間で接合部が融合します。
私のラボではC. carrizoensis 矢C.akoensisの成長点培養による増殖も試みていますが、装置などの点で、一般の人には、難しいかもしれません。
接木による繁殖は手軽に出来ますので、挿し木が比較的難しい壷系の繁殖等に用いてみると面白いかもしれませんね。

grafcarrizoensis3004201201.jpg

grafcarrizoensis3004201202.jpg
関連記事
スポンサーサイト
Clematis carrizoensis  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://atragenetake11.blog71.fc2.com/tb.php/1422-a7a6ac2c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。