10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

The Atragene World

Atrageneや,viornaグループの種子の発根発芽育苗方法や挿し木や接木などの栄養繁殖法についてレポートします。また、山野草、クリスマスローズ等についても紹介します。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

クリスマス・ローズ、これって真菌性の病気! 

7pisepxgnsd2604201203.jpg

ガク片の枚数が6~7枚のH. x hybridus ss yellow with golden nectaries(red flash) にsd goldの花粉を授粉した花のガク片および子房壁に黒褐色の斑点が現れて来ました。指で子房を触ると、子房の内部には種があるようです。
この黒褐色の斑点が真菌性の病気によるものなのか、或いは、完熟間近のサインなのか不明です。
予防のため灰色カび病の特効薬、セイビヤ・フロアラブルを散布しました。


7pisepxgnddhyb2604201204.jpg

2枚目の画像はゴールドダブルの遺伝子を持ったss gold double hybridの花粉を授粉したものです。
いずれの花も受粉は3月の初めに授粉しています。
不思議なことにこちらの花には黒褐色のスポットが現れていません。
原因不明のため暫くの間、様子を観察してみることにしました。


こちらは種親の開花時の様子です。

sd yellow with golden nectaries13022001201

ss7pdyellowwithgoldnectaries0803201201.jpg















関連記事
スポンサーサイト
H x hybridus ss gold  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://atragenetake11.blog71.fc2.com/tb.php/1421-9746fb47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。