07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

The Atragene World

Atrageneや,viornaグループの種子の発根発芽育苗方法や挿し木や接木などの栄養繁殖法についてレポートします。また、山野草、クリスマスローズ等についても紹介します。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

Helleborus odorusの若いバルブにある腋芽の無菌化の試み! 

tissue cultureofodorus2002201201

内生菌の除去に効果が期待されると言うバイオサイドを入手したので、H.odorusの若いバルブを用いて試験を試みることに致しました。この物質は熱に安定でオートクレーブ可能と言うことですが、デスポの細菌ろ過器を用いて無菌ろ過し、培地に添加することに致しました。
画像は次亜塩素酸溶液で殺菌する前の若いバルブです。殺菌終了後、滅菌水でよく洗浄し、双眼実態顕微鏡を用いて頂芽や腋芽を摘出します。摘出した芽は適当な濃度のバイオサイド溶液に一定時間漬け、内生菌を除去すと言うものです。さて、効果の程は?


microsyringifiltersystem2701201201.jpg

熱に不安定な抗生物質や植物生長調整物質などをクリーンベンチ内で無菌的に添加するときに使用している。
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://atragenetake11.blog71.fc2.com/tb.php/1378-39ca59db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。