05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

The Atragene World

Atrageneや,viornaグループの種子の発根発芽育苗方法や挿し木や接木などの栄養繁殖法についてレポートします。また、山野草、クリスマスローズ等についても紹介します。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

緊急摘出し茎頂培養した屏東鉄線蓮(Clematis akoensis Hayata)のその後!  

shoottipcultureakoensis.jpg


shoottipcultureakoensis02.jpg

過湿栽培のため3本の内1本がネグサレを起こし萎れて枯死してしまった台湾原産の屏東鉄線蓮(Clematis akoensis Hayata)でしたが、2012年1月10日、3本の内の1本の蔓より8個の頂芽および腋芽を緊急摘出し培養を開始しました。
上の2枚の画像は無菌かに成功し、増殖を開始した屏東鉄線蓮の茎頂です。双眼実態顕微鏡下のミクロ殺菌法で無菌化を試みました。摘出した8個の芽の内、1個に真菌の汚染がありましたが、顕微鏡下で殺菌剤につけながらピンセットとメスを用いて入念に殺菌して再置床しました。
この大変珍しく美しい貴重な台湾原産の屏東鉄線蓮何とか増殖したいですね。
花友だちのオランダのトン氏によれば栽培は出来るだけ乾き気味が良いそうで、過湿栽培は根腐れの原因になるそうです。
貴重なご助言をいただきました。

個体変異として純白の屏東鉄線蓮(Clematis akoensis alba)もあるみたいです。
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://atragenetake11.blog71.fc2.com/tb.php/1373-cea662db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。