08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

The Atragene World

Atrageneや,viornaグループの種子の発根発芽育苗方法や挿し木や接木などの栄養繁殖法についてレポートします。また、山野草、クリスマスローズ等についても紹介します。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

赤花春ラン自家受粉完熟種子、春ラン菌とダンボールを用いて種蒔きしてみました。 

久しぶりに我が家のアカバナ春ラン自家受粉の種子、どうなっているか気になり家の北側に置いてある鉢を覗くと、なんと子房がすでに割れており、種子の2/3程が既に飛散してしまっているではありませんか!焦りました。
そこで、急遽、ダンボールを1cm角程に切り、コーヒーの空き瓶に詰め、水を少々加え、加圧滅菌して放冷しました。
これに5cmほどの春ランの根を入れ、上記の春ランの種子を加え、蓋をしてシャカシャカ振って、よく混ぜ、9月に播いた未熟種子を無菌播種したものと一緒のところで管理してみる事にしました。
ルーペで今回播いた種子を観察すると、前回の未熟種子の時とは違い、いずれも確り胚のある種子が多かったです。
ランをダンボールとバーミキュライトを混合したものに植え、これに種を播く方法が山草趣味家の方々の間ではやっているようですが、春ランやカンランは難しいと言われています。さてどうなりますことやら。上手くリゾウームが出来て欲しいものですが、・・・・・・・・・・・・・・。


Cymbgoerinnishinn1903201002.jpg
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://atragenetake11.blog71.fc2.com/tb.php/1367-65313e0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。