07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

The Atragene World

Atrageneや,viornaグループの種子の発根発芽育苗方法や挿し木や接木などの栄養繁殖法についてレポートします。また、山野草、クリスマスローズ等についても紹介します。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

昨日入手のAshwoodのyellow with golden nectaries系の花にはシトラス系の良い香りあることが判明しました! 

Ashgold2312201105.jpg

昨日入手のAshwoodのゴールド系のクリスマスローズ、ゴールド系としては黄色みが強く、フラッシュ状に緑色をかけている花径6cm程の丸弁成型花ですが、黄色味が強く、昨日は並花かと思いました。

しかし、今日、クリーンベンチを設置してある部屋のドアを開けると甘い香りがするではありませんか。
成長点培養のための採芽をするため、この株をクリーンベンチの設置してある部屋に持ち込んであり、もしやと思いこの花に鼻先を近づけクンクンすると強くはありませんが、やはり甘い香りがします。
昨晩は雄蕊が全く熟しておらず気付きませんでした。1夜経って、雄蕊が少し熟し、花粉が出始めるとシトラス系の甘い香りがするようになったようです。このAshwoodのゴールド系のこの実生株、どこかで芳香性の原種の血が入っているのかもしれませんね。
今日、地際の1個の芽より成長点を摘出して培養を開始しました。どの様な増え方をするのか楽しみです。
最近、世界的にブラックデスが蔓延しているようです。私のところではウイルスの罹病株は幸いにして出ておりませが、今後、外部より導入の優秀な逸品の株に発症する可能性もあります。
品種や系統の保存を兼ねて、成長点培養に取り組んで行きたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://atragenetake11.blog71.fc2.com/tb.php/1365-a7e0179f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。