05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

The Atragene World

Atrageneや,viornaグループの種子の発根発芽育苗方法や挿し木や接木などの栄養繁殖法についてレポートします。また、山野草、クリスマスローズ等についても紹介します。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

Clematis carrizoensisの組織培養 

組織の内部に病原性の真菌の芽胞やエンドフアンが侵入しており、無菌化が比較的難しいC. carrizoennsisでしたが、
10/12に若い蔓の頂芽や腋芽を含む組織を含む組織片を培養したものがどうやら上手く活着したようです。
ここまで来るとマルチプルシュートによる増殖も難しくありませんね。
この無菌培養のテクニック品種の保存にも使えますね。

tissuecultureofcarrizoensis2510201101.jpg

tissuecultureofcarrizoensis2510201101m-1c.jpg
上の画像のズームアップ、赤い矢印が茎頂です。

tissuecultureofcarrizoensis2510201102.jpg
関連記事
スポンサーサイト
Clematis carrizoensis  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://atragenetake11.blog71.fc2.com/tb.php/1348-51772626
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。