06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

The Atragene World

Atrageneや,viornaグループの種子の発根発芽育苗方法や挿し木や接木などの栄養繁殖法についてレポートします。また、山野草、クリスマスローズ等についても紹介します。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

無菌培養への試み 

nixtushinn ov2011

今年の4月下旬に交配の日本春ランアカバナの子房が大分膨らんできました。
前にも記しましたが、自家受粉の子房は2個有り、一方は未熟種子で無菌播種を試み、もう一方は完熟種子の状態で春ラン菌とダンボール小片を用い播種してみようと思います。
数年前までは、我が家にもオートクレーブ、クリーンベンチ等の組織培養用の機材があったのですが、家を新築するとの理由で私が単身赴任中に処分されてしまいました。
組織培養や無菌播種でなければ増殖の難しい植物も有り、今回、家庭用の圧力釜とHEPA空気清浄ユニット等を発注しました。

Cymbgoerinnishinn1903201002.jpg

こちらの画像は日本春ランの銘品をクローン増殖したもので、今回自家受粉に使用したものです。
フラスコ出しから20年近くも経っているせいかびっくりするような大株に育っています。


T fal

こちらは昨日入手の家庭用の6Lの圧力釜です。
オートクレーブのように便利ではありませんが、少量の培地調整なら何とかいけるでしょう。

クリスマスローズ逸品のin vitro 系での葉ざしや茎頂培養などもやってみたいですね。

屋外で栽培している個体よりエキスプラントを採取する事になりますので、無菌化のテクニックが問題ですね。
筆者のキャリアーが生かせるかもしれません。
細々とした機材は大分そろいましたが、HEPAの空気清浄ユニット等がまだ到着しておりません。
早く到着して欲しいです。
関連記事
スポンサーサイト
組織培養  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://atragenetake11.blog71.fc2.com/tb.php/1335-3eb5097d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。