09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

The Atragene World

Atrageneや,viornaグループの種子の発根発芽育苗方法や挿し木や接木などの栄養繁殖法についてレポートします。また、山野草、クリスマスローズ等についても紹介します。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

壷系’ワカムラサキ’の接木続編 

昨日、誤って蔓をカットしてしまった壷系の’ワカムラサキ’、急遽ボタンヅルの台木に接木しました。
以下の3枚の画像が接木を完了し、7.5cmロングビニールポットに植え付けたものと、その部分拡大です。
今回は可也長い蔓のまま接ぎました。
方法は形成層の部分を合わせる割り接ぎです。
サージカルテープで仮固定しておき紐状の輪ゴムでぐるぐる巻いて固定します。

graftingwakamurasaki1310201002.jpg

こちらは、接木を完了し、7.5cmロングビニールポットに植え付けたものです。

graftingwakamurasaki1310201004.jpg

こちらは、蔓の部分の拡大です。

graftingwakamurasaki1310201003.jpg

こちらは、腋芽の部分の拡大です。

graftingkoreanadusky1310201001.jpg

さて、こちらは、10/9にボタンヅルの台木にAtrageneのClematis koreana 'Dusky'の休眠芽を接いだものですが、芽が動き始めています(画像の中央)。その横は接木したCl. viorna 'Sonnette'です。
Atrageneの'Wesselton'や'Cinderella’も上手く行っているようです。
バラの芽接ぎにも輪ゴムを試しています。輪ゴムはNo.18を使用していますが、バラの場合は5mm幅くらいの輪ゴムの方が適しているかも知れません。いろいろ試して見ます。
輪ゴムは扱い易いところが良いですね。

にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
ランキングに参加しています
にほんブログ村 花ブログ クリスマスローズへ
ランキングに参加しています
blogram投票ボタン
ランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://atragenetake11.blog71.fc2.com/tb.php/1219-26ce1ace
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。