05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

The Atragene World

Atrageneや,viornaグループの種子の発根発芽育苗方法や挿し木や接木などの栄養繁殖法についてレポートします。また、山野草、クリスマスローズ等についても紹介します。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

少量のクリスマスローズの種子の輸入に植物検疫証明証(Phytosanitary Certificate)添付の注意お知らせ  

blogを通じて知り合った海外の花友達が、この度、Black系double等のクリスマスローズの種子10種類をクッション付き封筒に入れ、CN 22を添付し郵送してくれました。
輸出国の税関のCN 22へのスタンプが押されていたのですが、輸入国の日本の成田で封筒は開封され、植物検疫終了後、植物検疫のおしらせのパンフレットと下の画像のお知らせが入れられ、封をされ自宅に郵送されてきました。

CN 22 WA 7 2010b



CN 22 Narita Japan 7 2010

caution 2010

お知らせは,
今後の輸入の際しては、輸出国の植物検疫証明(Phytosanitary Certificate)
添付す様にとの事でした。
海外からの植物の持込を厳しく規制しているアメリカでは、種子の場合、居住者のみに、申請し許可が得られれば、少量の種子の輸入が可能のようですが、少量の種子の場合、輸出にも規制があるのでしょうか。
機会を見て植物検疫所に照会して見たいと思います。
クリスマスローズの種子は殺菌後、湿らせたパーライトを入れたZIP袋に播き、高温処理を始めています。
お送いただいた種子はいずれも国内では入手困難な貴重なものですので、最善を尽くしたいと思います。

にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
ランキングに参加しています
にほんブログ村 花ブログ クリスマスローズへ
ランキングに参加しています
blogram投票ボタン
ランキングに参加しています
関連記事
スポンサーサイト
輸出入  /  tb: 0  /  cm: 8  /  △top

この記事に対するコメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| #

2010/07/27 14:14 * 編集 *

こ、これは今回は見逃してくれたって事なのでしょうかね?
でも海外から種を買ったことは何度かありますが、私の手に
届くまでに輸出国の植物検疫証明が添付されていたっていう
事なんでしょうかね。初めて知りました。
確かに植物検疫の存在は知っていましたが、こんなに厳しいと
思っていなかったです。

URL | 果実 #-

2010/07/28 00:50 * 編集 *

果実さん

植物防疫法では、輸入種子、輸出種子の場合は、本来は植物検疫を受けなければ少量の種子でも輸出入してはいけないことになっています。しかし、海外の種苗会社の扱っている多くの種子は未検疫のまま国内に入ってきている現状の様です。植物防疫所で輸入されてくるものの全てについてチェックするには時間も人も足りないようで、当該郵便物の中より無作為にピックアップし、チェックしているようです。未検疫で到着した種子は本来、電話連絡の上、未開封のまま植物防疫所宛に郵送すると、検疫し、検疫済みのスタンプを押し、封をして、返送してくれます。もちろん、検疫の費用は無料です。
恐らく、果実さんが今までに輸入された種子は未検疫だと思います。
機会がありましたら、未開封もまま、植物防疫所に郵送されてみては。そうすれば、胸を張って正規輸入ですよと言えます。
ただ、輸入に際しては、輸入国、植物の種類と部位、により条件が異なりますので、詳しくは、植物防疫所、または、各支所にご紹介ください。

URL | Takechianman #iWfHidvU

2010/07/28 08:55 * 編集 *

植物検疫証明書

初めてコメントさせていただきます。とある植物防疫所で検疫をしている者です(まだひよっこです)。
郵便で輸入される種子の植物検疫証明書は、検疫を受けていれば受取人の目に触れることはありません。検疫のための証明書なので、植物防疫所で開封の上回収しております(このために証明書がなかなか認知されないんでしょうね)。海外の種苗会社から送られてくる種子に証明書がついているのをよく見かけます。
また、郵便物は梱包を全て開封し、中身について同一種類のものであれば無作為抽出の上検査をしています。
なお、検査済みのスタンプがなければ検疫を受けていないということなので、植物防疫所にて検査を受ける必要があります。
輸出入について詳しいことは植物防疫所(または支所)におたずねください。

偶然この記事を見かけたので、コメントさせていただきました。

URL | 迷いネコ #-

2010/08/16 20:07 * 編集 *

迷いネコさん 

書き込み有難うぎざいます。
郵便によって種子を個人的に少量、海外に輸出入する場合の植物検疫証明証の実際の取得の方法と郵便物の取り扱い方法について植物防疫所横浜支所に照会中ですが、まだ、回答を頂いておりません。
海外より種子を輸入したり輸出したいとと考えて居られる趣味家も次第に増加しつつあります。是非とも、早い時期に、マニュアル化していただきたいと思います。

URL | Takechianman #iWfHidvU

2010/08/17 21:02 * 編集 *

Takechianmanさん

種子を輸入する際は、送り主に「日本向けの検疫証明書つけてください」とお願いするしかないかと思います。かつて何度か種子を輸入したことがありますが、そうしていました。
輸出の際は、実際に輸出するときに「どこに(相手国)どんな種子(種類)をどのくらい(重量)どうやって(輸送方法、郵便・手荷物・貨物)輸出したいか」を植物防疫所に電話などで問い合わせれば、その後の方法は教えてもらえます(そのはずです)。
国によって輸出入の可否・手続の方法はまちまちなので、具体的に問い合わせると返事が早いかもしれません。また、輸出に関しては相手国の法律に関わることから、各国大使館に問い合わせるのも1つの手です。

ご参考になりましたら幸いです。
(あくまで個人としてコメントさせていただいています。公式見解ではないことを申し添えます。)

URL | 迷いネコ #-

2010/08/18 20:27 * 編集 *

迷いネコさん

引き続きご投稿有難うございます。
横浜植物防疫所に送ったメールがはじかれて戻るって来るてしまいました。以前に
クレマチスの種の輸出入の件で照会し御回答を頂いたアドレスなのですが、・・・・・。
再度、植物防疫所のほうに送りました。

URL | Takechianman #iWfHidvU

2010/08/20 17:47 * 編集 *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| #

2011/06/14 14:10 * 編集 *

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://atragenetake11.blog71.fc2.com/tb.php/1178-f53e5e43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。