06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

The Atragene World

Atrageneや,viornaグループの種子の発根発芽育苗方法や挿し木や接木などの栄養繁殖法についてレポートします。また、山野草、クリスマスローズ等についても紹介します。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

DenmarkのCarlさんよりのC. koreanaの種子を皮剥きしてZIP播きしました。 

Carlkoreanadouble2112200901.jpg

昨晩から今日にかけてDenmarkのCarlさんが送ってくれたClematis koreana Doubleのop seedsを殺菌して、皮剥きをし、キッチンペーパーに包んで室温でZIP播きを開始しました。
1ケ月は室温で管理し、休眠の浅い種子の発根発芽を即します。発根したものからピックアップして植えだしますが、この処理で発芽してこないものに対しては、冷蔵庫の野菜室(約5℃)にZIP袋のまま入れて、2ケ月間の間、低温処理をします。この期間に発芽すべきものは低温下でも生長して発根発芽してきます。
時々観察して、発根したものは植えだしています。最後に低温処理をしても動きのなかったものに対して、私はジベレリンの125ppm~250ppm程度の水溶液で種子を短時間処理しています。この方法によれば、Atrageneの場合、著しい徒長などの副作用等が現れることがなく、高い発芽率が得られています。今回もこの方法で行こうと思います。

Carlsgreenkoreana2112200902.jpg

今回Carlさんがお送りくださったClematis korean Green のOpen pollinated seedsの親はこのような株かも知れません。
画像はCarlさんが作出されたグリーンのAtrageneです。
この画像はCarlさんがメールに添付して送ってくださっものですが、花の形態から想像すると、或いは、Clematis chiisanensis の血が入っているかもしれません。しかし、とにかく貴重な品種です。

にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
ランキングに参加しています
blogram投票ボタン にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
ランキングに参加しています
関連記事
スポンサーサイト
輸出入  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://atragenetake11.blog71.fc2.com/tb.php/1051-0f136b2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。